自己処理では長さや形が上手くいかない陰部のケア方法はVIO脱毛で解決

 

自己処理では長さや形が上手くいかない陰部のケア方法はVIO脱毛で解決
アンダーヘアを自己処理しようとすると自分の好みの形に残すのが難しかったり、アンダーヘアを残しておく部分が長さのせいか濃すぎて不自然な仕上がりになってしまったりすることがあります。
また、デリケートゾーンにカミソリを当てると、その刺激から、お肌を守ろうとしてメラニン色素が分泌されて黒ずんでしまうことがあります。
このような問題を解決する方法として挙げられるのがVIO脱毛の施術を受けることになります。
VIOラインのムダ毛に脱毛の施術を受けると、アンダーヘアを残しておきたい部分も何度か脱毛の施術を施してもらうことによって、適度に薄くすることができるので、ある程度アンダーヘアを残すような仕上げたとしても、適度な濃さにすることができます。
こういったことができるのは、脱毛の施術が1度受けただけではムダ毛が完全に目立たなくなる訳ではないという、一見するとデメリットともとれる性質を上手く利用したものになります。
美容外科クリニックや、脱毛サロンに導入されている脱毛マシンが照射する特殊な光は、ムダ毛に含まれるメラニン色素に吸収される性質を持っています。
ムダ毛に吸収された特殊な光は、熱エネルギーを持っているので、毛穴の奥で高熱を発生させます。
毛穴の奥には、ムダ毛が生えかわる働きをコントロールしている毛乳頭という組織があります。
この毛乳頭に高熱によるダメージを与えることによって、およそ1週から2週ぐらいの期間が経過したころに、毛細血管から剥がれ落ちて自然に抜け落ちます。
そして、ムダ毛が生えてくる働きが高熱のダメージによって衰えることになるので、これまで生えてきていたムダ毛よりも細く弱弱しい状態で生えてきます。
このときに、毛乳頭を死滅させるほどの熱エネルギーを照射すれば、ムダ毛が2度と生えてこないということになりますが、そんなに高い熱エネルギーをもった光を、デリケートな、お肌に照射してしまうと、ほとんど間違いなく火傷を負ってしまいます。
そのため、安全性が充分に確保されているレベルの熱エネルギーを持った光を照射する必要があるので、何度か繰り返しVIO脱毛の施術を受ける必要がある訳です。
しかし、そのことを上手く利用すれば、アンダーヘアを残しておく部分の濃さをコントロールするという、自己処理では実現できない仕上がりにすることが可能であるという訳です。
残しておく形についても無料カウンセリングで、充分に話し合っておくと、清潔感があり、自然な形に仕上げることができます。