毛深い原因はホルモンバランスの乱れかチェックしてみよう

 

毛深い原因はホルモンバランスの乱れかチェックしてみよう薄着の季節に近づくにつれ気になる人が多くなるのが体毛が毛深いことです。カミソリで自己処理をしてもきれいに処理できなかったり、剃り残しが気になってしまうこともあります。毛深さは遺伝の場合もあり、両親が毛深いとその子供も毛深くなってしまうこともあります。
しかし、遺伝以外の原因として考えられるのがホルモンバランスの乱れです。私たちの体には性別に関係なく、女性ホルモンと男性ホルモンが存在しますが、そのバランスが崩れると様々な症状が現れます。例えば、女性は女性ホルモンが男性よりも多いことで、丸みの帯びた体格だったり男性より体毛が薄いのですが、何かの原因から男性ホルモンが過剰分泌されることで体毛が濃くなることがあるのです。
ホルモンバランスが毛深いことの原因かチェックする為には次のような項目があります。
まず考えられるのが、生活習慣の乱れです。夜更かしや、睡眠時間の短さ、起床時間のばらつきは正常なホルモン分泌に支障をきたします。なぜなら、ホルモン分泌は一日の活動量に合わせて分泌されるからです。
次に食生活の乱れもホルモンバランスの乱れに影響をきたします。不規則な時間に食事をとることも良くないのですが、それ以外にもインスタント食品や添加物の多いものを摂取しているとホルモン分泌に良くありません。バランスの良い栄養を食事で毎日食べる習慣が何よりも大切です。
そして現代人に多いストレスもホルモンバランスの乱れに直結します。仕事やプライベートで日ごろ悩んだり、精神的に追い詰められているとホルモン分泌に影響が出てしまします。ストレスを受けると体は緊張状態に陥り、リラックスできない状態になります。また、ストレス解消を求めて喫煙に走ってしまうと喫煙もホルモン分泌に影響を与えてしまいます。
このような項目に当てはまる女性は現代では増えてきています。仕事にプライベートに多忙の現代女性は、ホルモン分泌に優しい環境にあるとは言えません。まさか、毛深い原因がホルモンバランスからきていると考えにくいかもしれませんが、ストレスが多い環境にいると男性ホルモンの分泌過多に陥ってしますのです。
栄養のある食事、規則正しい生活習慣、適度な休息、そして自分の好きなことをしてリラックスできる環境を作ることで、ホルモン分泌も正常化され毛深い悩みも少しずつ解消されることでしょう。自信のある素肌に近づくために、まずは生活習慣から見直して改善できるところを考えていきましょう。